4th place lab

はみだして、ためそう。

「4th place」は、自分のやりたいことを試してみる実験室です。会社の枠を超えて、肩書きやキャリアにとらわれることなく、「想い」をカタチにしていきましょう。

研究生募集!

STORY想いを持った個人が社会を変える

「やりたいことを実現するにはどうしたらいいんだろうか」

それがわからず、日々、悶々と過ごしている方も多いのではないでしょうか。
しかし、いくら頭で考えても、その答えは見つかりません。

そこでおすすめなのが、“会社をはみだしてみる”ということです。
会社という枠を超え、「ああでもない、こうでもない」と、色々試してみることです。
なぜなら、そうやって行動を繰り返していく中で、カタチになっていくからです。

「4th place」は、家(1st place)でもない、会社(2nd place)でもない、カフェ(3rd place)でもない、“自分のやりたいことを試してみる”第4の場所です。
肩書きやキャリアにとらわれることなく、自分のやりたいことに向き合う場所です。

今は、想いを持った個人が社会を変える時代。
私たちと一緒に「想い」をカタチにしていきましょう。

PROGRAMできること

週1回のオンラインセッションで構成されています。
以下のサイクルを3ヶ月間繰り返し、探索・実験を経て、自分のプロジェクトをつくります。

WILLの言語化
自分のWILL(やりたいことや想い)を言語化する。
アイディア出し
WILLを実現するための
アイディア出しを行う。
アドバイス
仲間やゲストから
行動のヒントを得る。
実践と振り返り
行動を繰り返し、
アップデートする。

lab’s UNIQUENESS4つの特徴

積極的に失敗できる場所
たくさんの失敗の中から、「これだ!」という何かが見つかるもの。「うまくいかないかもしれないからやめておこう」「できなかったら恥ずかしいからやめておこう」、そんなためらいは必要ありません。ここは実験室です。ああでもないこうでもないと失敗を繰り返すのが当たり前の世界。どんどん試しましょう。
みんなに認められなくていい場所
あくまで、自分のやりたいことをためす実験室です。誰かに許可を取る必要もなければ、誰かの顔色を伺う必要もありません。自分で意思決定しましょう。ついでに経済効率も忘れましょう。そのかわり、自分をおもいきり解放してみてください。みんなと違うからおもしろいのです。みんなと違うから、価値になるのです。
応援しあえる仲間がいる場所
ここには、自分のやりたいことに夢中になっている仲間しかいません。あなたのやりたいことを笑う人も、否定してくる人もいません。誰かと比べる必要もありません。同じ熱量を持った仲間と、互いのやりたいことを応援し合いながら、それぞれが目指す方向に進みましょう。ひとりでできないことは、みんなで実現していけば良いのです。
フォロワーからスターターになる場所
誰かのプロジェクト、何かのコミュニティ、どこかの地域活動など、誰かが用意してくれた場所で、まずは活動してみるのも良いでしょう。しかしそれだけにとどまることなく、たとえ小さくても自分が旗を振って何かをはじめてみましょう。スターターになってみることで見える世界があります。変えられる世界があります。
<

PROJECTみんなのプロジェクト

(※一部ご紹介)

  • 1° Mission半強制的"異日常アクション"で滞りがちな心と視点に<1°>の変容を!人生面白がる力をつけて優しさと笑顔に満ちた世界に

  • With Hippo動物を観る。生態を知る。ヒトとの対比を味わう。そこには、心地良く生きる思わぬヒントが隠されているかも☆

  • あとつがず「あとを継ぐか継がないか。本当にその二択しかないのか?」あとを継がなかった私たちの新しい選択肢探しの旅

  • たまの茶摘みお茶摘みという未知の経験を通じて、自分が解放される事を感じてもらう企画

  • カカオ料理研究家カカオ=チョコレートだけじゃない。国が違えば味も違う、カカオの「らしさ」が生きる、美味しくも新しい一皿を紹介

  • ひとりマチ同好会あなたは、どんな時にひとり時間していますか? 街でひとり時間を楽しむ人のコミュニティ

  • My optionワーママのための"なりたい未来"への戦略オプションをつくり、アクションしていくプロジェクト

  • To give meeningイマとミライを重ね、ポジティブな意味づけを行うことでイマを生きる熱量をあげよう!自分の欲求、願望、価値観を大切に

  • フェムテック、と言うか
    ホルモンテック
    無自覚でホルモンに支配されている今?! フェムテックという切り口で身体や心を知り、自分自身や大切な人のウェルビーイングに!

  • 笑っちゃうほど愛おしい「推し採集」「自分の心身の機嫌を守れる人を増やす」をテーマに、推しの人・もの・コトの話をしてもらうことで、自然と笑顔になる時間を増やす

  • 組めば愉快だ宇都宮宇都宮という街を拠点に、そこで働く・暮らす人がつながり・たのしみながらスタートアップ的な創造を促すサードプレイスをつくる

  • Dyn(ディン)Coach中高生年代のチャレンジマインド(自己肯定感とチャレンジ意欲)の育みに取り込む教員などが、熱く語り合えるコミュニティの実現

  • さぁ森に行こう「Morick」森に人が関わるほどに、生態系が回復し、人々の心も暮らしも豊かになる、そんな価値循環のしくみをつくる

  • スキを、さらそう。自分のスキ・推しはつい謙遜しちゃって話せない…そんなMOTTAINAI状況を、ちょっとだけ”さらして”みませんか?

  • ゆるコネcinema映画を入り口とした、地域のコミュニティ。人、お店、地域をゆる〜くコネクトしていくことを目標に上映会を開催。

  • Mounting Mondayマウンティングマンデー「月曜日を楽しくする」をコンセプトに、週末の山のぼり& 山めしをたのしむ。

  • 社外で試そう、ソーシャルワーク社会貢献には興味あるけど、どうやればよいか分からない。 プロボノを中心に共に踏み出す一歩を考えていくコミュニティ活動。

  • PANFES Bacchanalパンフェスバカナル20世紀最後のアコースティック楽器としてカリブ海で生まれた「Steelpan」を演奏する場と専用の譜面を増やし、「Panって楽しい!」に酔いしれる。

  • 移動を哲学する移動しなくても生きていける今の時代。移動の本質と新しい可能性を探っていく。

  • School &Co.学校と社会をもっと身近に。副業外部講師になって子どもたちにビジネス現場を教える活動。

  • ダブルゴールコーチング Evangelist ジュニアスポーツの現場にダブルゴールコーチングを広げる。(出典:スポーツコーチングイニシアチブ)

lab’s MEMBER研究生になるには?

条件:
会社をはみだして、自分のやりたいことをカタチにしたい方
※ 社会人3年未満の方、フリーランス、自営業者、経営者の方は除く
(3年未満の方は所属する組織の仕事に集中してほしいという思いがあるため)
期間:
2023年1月〜3月(3ヶ月間)
3ヶ月間の活動を通じて、自分のプロジェクトをつくります。
活動:
毎月、第1週〜第4週の火曜日 20:00-21:30(基本)@ Zoom

※ 次回研究生の募集(活動期間:2023年1月~3月)の詳細は、以下、エントリーフォームよりご確認ください。

エントリー

GUESTはみだし先輩


これまで「4th place lab」のイベントで、はみだしのヒントを語ってくださったゲストの方々です。

  • 森 新 (もり あらた) さんショートカット・Outlook研究家

  • 大西 洋さん株式会社サウナキャンプ 代表取締役 / 「Sauna Camp.」主宰

  • 大越 瑛美さん株式会社リコー / 元企業間フューチャーセンター理事

  • 村上 静香さん株式会社ローンディール・コミュニケーションデザイナー / 「アート」「空間プロジェクト」広報

  • 園部 浩司さん園部牧場株式会社 代表取締役 / プロファシリテーター / 寿司職人(見習い)

  • 高橋 誠さん 富士通株式会社 / 大田区100人カイギキュレーター / 一般社団法人パラレルプレナージャパン理事

  • 大谷 和敬さんリーマンサット・プロジェクト 創設者 / 一般社団法人 リーマンサットスペーシズ 理事

  • 栗林 真由美さん某大手IT企業勤務 / 「MIRAIS」主宰

lab’s SUPPORTERサポーター

発起人 / 研究員
小国 士朗
SHIRO OGUNI

株式会社小国士朗事務所 代表。元NHK番組制作ディレクター。「注文をまちがえる料理店」、「deleteC(みんなの力でがんを治せる病気にするプロジェクト)」などを手がけている。活動の根底にあるのは「television」の実践。「ひとが見たことがない風景や、触れたことのない価値をカタチにして、できるだけ多くのひとに届ける」という思いがある。

発起人 / 研究員
原田 未来
MIRAI HARADA

株式会社ローンディール 代表 。「レンタル移籍」という事業を通じて、主に大企業の人たちに一定期間ベンチャー企業で働く機会を提供している。新しい働き方の選択肢をつくることで人材の流動性が高まり、個を活かす組織・自らの能力を最大限に発揮できる個が増えていくことが願い。2022年より「大人の地域みらい留学」も開始する。

発起人 / 研究員
小林 こず恵
KOZUE KOBAYASHI

株式会社カラメル 代表。元KADOKAWA ウェブディレクター。インタビューやライティングを通じて、挑戦する個人の思いを届けるコンテンツづくりを行う。誰かの顔色を伺って生きるのではなく、自分を貫いて生きる人を増やしていきたい。「七夕で世界と夢をつなぐ」活動を行う、一般社団法人七夕協会の理事でもある。